FAXDMで伝えられるものを増やす方法

EメールやDMよりもはるかに開封率の高い宣伝媒体を見つけたいなら、FAXDMが最も効率よいといいます。FAXでDMを送付するため、内容がA4の紙に表示され、企業担当者のみならず多くの企業に勤める人が目にすることから、利用者が増えているのがポイントです。基本的にA4用紙を1枚使い、白黒の内容で自社の宣伝活動を行う事がFAXDMのポイントとなります。しかし伝えられることについて用紙1枚だけでは足りないという場合、複数の方法で情報量を増やすことが可能です。

例としては何日かに1回連載のようにコラムをつけて送付することで、興味・関心を持ってもらえる可能性が高いといいます。3回くらいの連作として送ることで、読んでもらえる可能性が高くなる場合が少なくないです。それ以外の方法では、用紙のサイズを変更して送付することだといいます。A4からB4に変更することで、送付できる内容は非常に増えることは有名です。

ただし、企業によってはB4を受診しない場合、内容が切れてしまって「なんだかよくわからない物を受信した」と担当者が困惑する可能性もあるといいます。B4に対応していないFAXへ送信するときに、A4に自動的に変換できるような配信ができるようにするか、FAXDM代行業者に依頼するといいでしょう。なお、別の媒体と組み合わせることで伝えられることは飛躍的に多くなります。特に自社のホームページへの誘導をすることで、ホームページアクセス率が高まるだけでなく、伝えたい内容をダイレクトに伝えやすいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です