FAXDMのメリットとデメリットとは

FAXDMが選ばれている理由は、少ない労力で宣伝書類の作成ができるからです。A4用紙1枚に収まるようにレイアウトすればいいので、手間があまりかかりません。情報は多ければよいわけではなく、大切なのは見てもらうことです。そのためには目立つこと、情報がまとめられていることがポイントになります。

インターネットサイトやブログを見るとき、多くの人は3秒間で見るかどうかの判断をしていると言われています。これはFAXDMにも共通することですから、視覚効果には十分にこだわりましょう。白黒での宣伝広告になるので、デザインは十分に配慮する必要があります。カラーと比べて宣伝効率は下がりますが、受取側が費用負担をするという点では白黒のほうが適しているでしょう。

FAXDMによって得られる反響は、1%を下回ると考えてください。そのためFAXDMで宣伝効率を得るためには、大量のリストが必要になります。リストに関しては日ごろからコツコツと収集しておく必要があるでしょう。現在は公式ホームページを所有する企業が多いので、情報収集をするのはそれほど難しくありません。

FAXDMで失敗しないためには、クレーム対策を行っておく必要があります。FAXに停止希望欄を掲載しておけば、クレームの発生率が低くなります。一度でもクレームが発生した企業には、絶対に再送信をしないのが鉄則です。リストに線を引くくらいだと気づかないケースがあるので、完全に文字を消しておく必要があります。

FAXDMのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です