FAXDMは使い勝手がいい

FAXDMは、使い方によってたいへん有効な営業手段になり得ます。その使用法というのは、自分が商品やサービスを利用する側として考えてみるというものです。このサービスを提供したいと思う時は、まず自分がFADMを受けとる場合にどのようなものであれば興味を抱くのかを考えてみることからスタートしてみましょう。そうすると、一目見て内容がすぐに把握できないとそのFAXはそのまま丸めてごみ箱行きとなってしまいます。

だから、FAXには余計なことを記載しないようにすることが大切です。タイトルを見て、内容がすぐに理解できるようにしておくようにします。そして、あいさつ文なども省いて、どのような人がどんなことに利用すると便利なのかを分かるようにしておきます。さらには、商品やサービスを購入したくなれば何を記入して返信すれば良いか簡潔に記しておきます。

その時、利用者に余計な手間をかけさせないようにしておくことが大切です。また、FAXDMには送信者の連絡先を目立つように入れておき、不明点があればすぐに対応できるようにしておくようにします。このときに、担当者名を明記しておきましょう。個人同士の連絡という形にしておくのです。

FAXDMは相手の都合を無視して勝手に送られてくるというものなので、受け取る方に手間を一切かけないとしておくのです。この方法が相手に受けいれられれば、その相手がリピーターになってくれることもあるかも知れません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です