カフェインレスコーヒーなら夕食後も楽しめる

切れの良い後味、焙煎されたコーヒーの香り、コーヒー愛好家であれば1日に何十杯と飲む方もおられますが、カフェインの作用が心配されます。

カフェインには利尿作用や覚醒作用が知られていますが、血管拡張作用により血流促進することが知られています。朝食後の一杯であれば、覚醒作用により目覚めを促進してくれますが、夕食や夜食の後にコーヒーを飲むと覚醒作用が働き、体がほてったり、眠れなくなる可能性があります。それでもコーヒーを楽しみたい方に利用されているのがカフェインレスコーヒーです。最近ではデカフェとも呼ばれていますが、ノンカフェインやカフェイン抜き、カフェインフリーという意味ではカフェインレスコーヒーと全く同じです。このカフェインレスコーヒーであれば、覚醒作用や利尿作用、血管拡張作用などカフェインがもつ作用を気にすることなく、コーヒーを楽しめます。

しかし、コーヒー好きの方は風味が気になるはずです。確かにカフェインレスはいいけども、コーヒーの風味が損なわれてしまうなら意味がありません。カフェインレスと呼ばれているコーヒーのほとんどがカフェインが90%以上カットされています。カフェインは苦味と同じと考えられている方が多いでしょうが、苦味に含まれるカフェインは約10%ほどです。そのため、カフェインレスコーヒーとそうでないコーヒーを飲み比べると、カフェインレスコーヒーのほうが、少し苦味が少なくすっきりした味わいになっています。コーヒー独特の苦味が少し消えてしまいますが、コーヒーがもつ独特の美味しさはほぼ全て残っているので、コーヒー好きにも利用されています。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *