増えるカフェインレスコーヒー

カフェインには、血管を拡張して血液を循環させたり、利尿作用を促進することが知られていますが、妊婦の方や高血圧の方、不眠症であったり、胃腸が弱い方の中には、避けたい問い考えている方もおられると思います。

現在では、カフェインレスコーヒーがたくさん登場しています。珈琲豆の中にはカフェインレスの豆も販売されており、自分で豆を挽いて楽しむこともできます。自宅でお湯で割って簡単に作れるインスタントコーヒーやドリップタイプのものも登場しており、カフェイン調整無しのコーヒーに比較すると割高ですが、普及により以前よりも安く手頃に利用できるようになりました。携帯に便利でバランスの良い風味を楽しめるスティックコーヒーやカプセルコーヒーなどにも登場しており、選択肢はますます広がっているのです。

このカフェインレスコーヒーの中でも、注目されているのがカプセルコーヒーでしょう。最大手のネスレからはネスプレッソやドルチェグスト、UCCのブリュースターでもカフェインレスコーヒーが登場しています。一般的なコーヒーに含まれているカフェイン量は珈琲の種類によって変わりますが、カフェインレスコーヒーの場合おおよそ95%以上カットされているものが多いです。そのため、カフェインを気にする方も安心してコーヒーが持つ風味と香りを楽しめます。何らかの理由により、カフェインレスコーヒーを楽しむ方が増えていますが、その選択肢はますます広がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *