コーヒーメーカーのコーヒーをさらにおいしくする

コーヒーメーカーはいろいろと人気があるものも多く、それぞれに特徴があります。

おいしいコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカーですが、さらにおいしく淹れることができるコツがあるといいます。まず、コーヒー豆は新しいものを選び、使うときに使う分だけ焙煎します。古くなってしまったコーヒー豆を使うと、どんなに優秀なコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れても、新鮮な豆を使って淹れたコーヒーよりもおいしくなることはないです。新鮮なコーヒー豆を手に入れたいときは、専門店やコーヒー豆を購入するといいです。そのコーヒー豆を自宅で挽けばおいしいコーヒーを淹れることができます。コーヒーメーカーを使うときに使うお水にもこだわってみるといいです。一般的には軟水を使ったほうがいいといわれています。

また、使ったお水によってコーヒーの味が変わるともいいます。おいしいと感じたお水を使うようにしたり、自分の好みのお水を利用してもいいです。コーヒーメーカーを使うときには、飲む分だけの量をそのときに挽く、という風にしておくことが大切です。粉にしてしまったコーヒー豆は、挽いたときから酸化しやすくなっています。なので、自宅にミルがあるときはコーヒー豆のまま購入したほうがおいしいコーヒーを飲むことができます。賞味期限を気にする人は多いですが、それよりも焙煎した日を確認するようにします。それから、コーヒーカップをあらかじめ温めておくようにするといいです。冷たいままのカップに注ぐとすぐに冷めてしまったり、味が変わることもあるので、温めておくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *