カプセルコーヒーのメリットデメリット

仕事の合間に一杯のコーヒーを飲むと心がリフレッシュできます。

本当なら豆を挽くところからできれば香りを十分に楽しむことができ最高の一杯が淹れられるでしょうが、それも手間がかかりますし、だからといってインスタントコーヒーでは手軽だけど味気ないです。そんなときにおすすめなのがカプセルコーヒーです。カプセルコーヒーはカプセルの中にコーヒーの粉が入った状態でパックされているのでいつまでも酸化することなくいつでもできたての味が楽しめます。

また粉から淹れるのに比べると手軽に作ることができます。一杯分だけ作られるので余ったものを保温したままにしておいて味も香りもまずくなるということはありませんし、フィルターを洗ったりといった手間もありません。そんなカプセルコーヒーにもデメリットはあります。インスタントやフィルター式に比べると一杯のお値段はカプセルで小分けされている分高いです。もちろんお店で飲むことに比べると安上がりです。

コーヒーの味にこだわりはあるけれど毎日の生活できちんと粉から選んで入れる時間はないという方や、家族それぞれに好みがあるので別々の味をそれぞれに楽しみたいという方におすすめなのがカプセルコーヒーです。コーヒーの楽しみ方は人それぞれです。それほど味にはこだわらずとにかくリフレッシュしたいときにサッと飲みたいという方や、豆選びや挽き方にこだわりを持つ方など好みに合わせてよい道具を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *