コーヒーマシンの上手な選び方について

コーヒーマシンがあれば、自宅にいながらカフェ気分を楽しむことができます。

コーヒーマシンは価格帯が様々で、最も安いもので1万円程度、最も高いものは10万円前後の値段で売られています。一度に支払うお金が多いためか、購入を渋る人が少なくありませんが、長い目で見るとお店で買って飲むよりもはるかにお得です。コーヒーマシンは価格帯だけでなく機能にも幅があり、製品によって得意なコーヒーが違います。安さやデザインなどの要素も大切ですが、最も注目すべきポイントは製品の特徴と機能です。

コーヒーマシンは粉末コーヒーを入れるタイプと、豆を入れるタイプ、ポーションで作るタイプに分かれています。最もコストパフォーマンスに優れているのは豆から作るタイプで、ポーションタイプはトータルすると費用が高めな傾向があります。作れるコーヒーの種類も確認することが大切です。レギュラーコーヒーのみを作るタイプは最も安価です。

人気のエスプレッソが作れるタイプは価格が高く、4万円~6万円に価格が設定されています。数は少ないですが、レギュラー・エスプレッソの両方が作れる製品もあります。一度に淹れることができるコーヒーの量(容量)も大切な要素です。コーヒーマシンには2~3杯程度のコーヒーを淹れる少量タイプ、10杯程度を淹れることができる大容量タイプがあります。一人で楽しむなら少量タイプを、家族や会社で楽しむなら大容量タイプを購入するといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *