コーヒーカップとティーカップとマグカップ

コーヒーカップとティーカップとマグカップの違いについて説明します。

まずコーヒーカップ、コーヒーを飲む事に特化したカップとソーサー、コーヒーの特徴を活かすべく作られています。コーヒーカップは香りを楽しみ、低めの温度が下がりにくい様、飲み口がそれほど広くなく、厚めの素材で作られています。街中のカフェでよく見かけるオフホワイトの物が分かりやすい例でしょう。次にティーカップ、紅茶を美味しく飲むためのカップとソーサー、美しい色を楽しむ為に、色は白が多く、飲み口が広い形状です。高温で入れる為、冷めにくさよりは軽さを優先し、薄手の素材で、容量のバランスから高さが低くなります。カフェで紅茶を頼むとコーヒーと同じカップ、もしくはコーヒーカップの特徴を持ち合わせるカップが出て来る事がしばしばあります。

柄が美しい事が多い為、実家の食器棚の華になっている確率が高いのではないでしょうか。マグカップは飲み物全般対応します。コップとしても使うし、スープを飲むこともあるでしょう。容量が大きい物が多く、形も厚みも様々です。素材も様々で、子供用のプラスチックのものから、ステンレスやホーローの物もあります。いわゆる変形のものも多く、コーヒー用として買ったのに、ドリッパーが乗らないという事があり、購入時は注意が必要です。基本的にソーサーはセットでない為、価格も抑えられ、100円均一から高級ブランドまで幅広く存在する食器です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *