素材によって異なるコーヒーカップの特徴

コーヒーカップと言っても、様々な素材で作られているので多種多様な種類があります。

カフェで人気が高いタイプは磁器製のコーヒーカップです。繰り返し使える耐久性に加えて、吸水性の低さもコーヒーをダイレクトに味わうのに最適というメリットがあるからです。磁器のコーヒーカップに使われている素材は、陶石と呼ばれる粉と粘土を混ぜているもので、この素材を焼いてカップが作られます。また、仕上がった後の音に洗練された美しさが感じられるのも特徴的です。磁器は、でき上がった器が放つ白さが強調され、デザインもシャープなものが多くなっています。吸水性も通気性にも優れています。一方、陶器のコーヒーカップに使われている素材は、自然界で採掘される土を主原材料にして、そこに粘土が混ぜられて作られます。仕上がった後に懐かしいような素朴な音がします。

陶器の美しさは、粘土の色合いがカップに独特の温もりを加えることです。また、表面に凹凸が残るので、手作りの感じが使い手の心をほっとさせてくれます。また、この凹凸は臭いも逃がしにくい構造になっていますし、コーヒーの味わいを一層まろやかにします。陶器の素材は、空洞が多く含まれているので、保温機能にも長けています。ただし、気を付けなければならないのは、割れやすいことです。割れやすいのは素材の特徴ですが、加えて重量があるため、どちらかと言うと業務用というよりは個人用として利用するケースが多く見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *