変わらぬ人気のサイフォン式コーヒーメーカー

コーヒーメーカーには2つのタイプがあり、現代では電気を使用するドリップ式が人気です。しかし、気圧の差を利用して2度お湯を移すことによりコーヒーを出すサイフォン式も根強い人気があります。サイフォン式のコーヒーメーカーにおける1度目の移動時は蒸気圧が引き起こす加圧によって行われ、2度目は気体が冷えることにより発生する減圧により行われます。19世紀にヨーロッパにて誕生したという歴史が古いという点も人気の理由で、日本に伝えられたのは大正時代にまで遡ります。

いくつかの種類が存在しているのですが、日本国内で認知度が高いものはガラス風船型と言われるタイプです。耐熱ガラスで作られているフラスコが上と下に2つあり、ろうとに使用するフィルターもあります。こうした道具を用意してアルコールランプで熱して抽出するとコーヒーになるという仕組みです。昔ながらの作業工程が好きで電気式を選ばないという方が多いのでアルコールランプを使用して熱する方法が用いられるケースが多いものの、近頃は加熱に際して電気を利用する方法も商品化されていて需要があります。

一見取り扱いが難しそうに見えるのですが、下部のフラスコに対して水もしくはお湯を入れてガスコンロやアルコールランプで加熱を行うだけで良いです。沸騰を確認したら一度コーヒーメーカーから火を遠ざけてフィルターに対してコーヒー豆をセットします。その後再度熱を加えるとフラスコ内に溜まるので容器に移して飲用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *